疑問 質問を解決します。

あなたの疑問や質問にお答えします。

*

夏太りの予防で基礎代謝がキーワードだと聞いたけど何故?

   

ce177cbdfd88c6a9eda0d444f98915e6_s
昔から「夏やせ」ということばがありますが、今では、「夏太り」という
ことばのほうが、優勢になってきています。

何故、真逆のことがおきているのでしょうか?

それは、エアコンのある生活が、職場でも家庭でも当たり前になり
室内にこもって過ごすことから、わずかなエネルギー量しか消費しなくて
すむようになっているからです。

ダイエットを気にしているあなた、夏こそしっかり汗をかいて
軽い運動を心がけないと、ますます夏太りの罠にはまってしまいますよ。

一体どうすれば夏太りの予防ができるのでしょうか、お伝えします。

夏太りの予防には基礎代謝がキーワード?

身体を36℃の平熱に保つのに必要なエネルギーが、いわゆる「基礎代謝」といわれるものです。

体温よりも気温の低い冬は体の体温を維持するためにエネルギーを燃やそうとするので基礎代謝が高くなりますが、しかし、気温の高い夏は、エネルギーを燃やさなくても体温を維持できるので基礎代謝が落ちるのです。

そして、なんとなく「夏は代謝が高そう!」という気がしますが、実は外気との温度差が少ないので、基礎代謝量が低いのです。基礎代謝量が低い=消費エネルギーが少ない=太りやすい!という構図ができているのです。

暑いだけで体力が奪われ、たくさん汗をかくことでエネルギーを消費しているように思いますが、それは間違い。
基礎代謝が低下する夏は太りやすいといえるのです。

ひと駅余分に歩いたり、エレベータをやめて階段を使ったり、おっくうがらず毎日30分以上はからだを動かすようにしましょう。

夏太りの予防でむくみはどうすればよいの?

夏太りの原因の一つは「むくみ」。エアコンの効いた涼しいオフィスや家庭にいるのに、
ついつい「夏だから」と過剰に水分を取ってしまうことがありませんか。それがむくみの原因になるのです。

ちなみに糖分の多いジュースを「夏だから」とたくさん飲んだり、何となく食べたくなるアイス、麺類もむくみを悪化させてしまいます。

夏に自然にかく汗は体温調節のためで、運動してかく汗のようにエネルギーは消費していないので痩せないのです。
「暑いから身体が持たないし、いっぱい食べなきゃ」というのは過去の話。くれぐれも注意が必要です。
たくさん汗をかく夏は、体内から汗と一緒にビタミンやミネラルも奪われがちです。
ビタミンやミネラルは脂肪代謝に必要な成分で、不足するとスムーズに脂肪が代謝されなくなってしまい、夏太りに拍車をかけてしまいます。

特に、脂肪燃焼に不可欠なビタミンB1とビタミンB2を積極的に摂取する食生活を心がけることが大事です。
ビタミンB1を多く含む食品にウナギや豚肉があり、ビタミンB2を多く含む食品にレバーや納豆があるので、毎日のメニューに加えましょう。

また、汗をかくとカリウムも一緒に奪われてしまうものです。カリウム不足によって招くデメリットは、女性にとって大敵の「むくみ」です! 
そのうえ、夏は冷たい飲み物&食べ物の摂取が増えるのも、むくみやすくなるので要注意。

対策としては、塩分や冷たい物を控えた食生活と、カリウムの摂取を心がけることです。
カリウムは、アボカド・バナナ、納豆、きなこ、にんにく、ニラなどに多く含まれているので覚えておきましょう。

さらに、暑さに負けないようにと、ついついガッツリ&高カロリーのものを食べる生活もいけません。
カロリーより栄養バランスを考えた食事が健康にもダイエットにも重要です。
例えば、うなぎや焼肉を食べる場合は野菜や副菜もプラスし、多くの栄養を摂取できるように工夫しましょう。

夏太り予防で解消法はあるの?

熱帯夜で寝苦しく睡眠不足が続く……という状況も夏太りの原因となります。 なんと、睡眠時間が5時間未満の人は、5時間以上寝ている人に比べ約1.4倍も肥満になりやすいという研究結果が出ています。

夜は睡眠で活動量が低下し、エネルギーの燃焼も少なくなるので、脂肪がつきやすくなります。
さらに、暑さによる睡眠不足が続くと自律神経のバランスが崩れるほか、脂肪や栄養分を分解する成長ホルモンが分泌されにくくなるので基礎代謝が低下し、太りやすくなるのです。

そこで、暑い夏でもぐっすり眠る為のポイントは、就寝前と就寝後の体温の落差を作ることです。
そのためには、手と足から体温を効率よく放出するのがカギ! 

例えば、寝る前に手&足の両方でグーパーを繰り返したり、扇風機で足元に風を当てるようにして眠るのも効果的です。
また、枕や布団、パジャマを通気性のよいものに変えるのもよいでしょう。

最近では、敷布団の上に敷くクールマットが出回っていますから、活用してみましょう。

まとめ

夏太りの予防は、熱中症や夏バテ予防にも役立ちます。
夏太りを予防しながら夏バテも防ぎ、健康的に夏を乗り切っていきましょう。

一番簡単なことは、規則正しい生活を送ることです。
暑いからといって生活を変えるのではなく普段の生活を送ることが一番大切なことです。

 -

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

水着を着る時、アンダーヘアーの処理はどうやってやるの?

暑い夏、夏休みを前にやはり海やリゾートへの旅行を計画している方は 多いですよね。 …

浦安市花火大会の日程と穴場スポットはどこなのか知りたい!

ふるさと運動づくりの一環として市民のふれあいを深めるために開催される迫力ある花火 …

土用の丑の日にウナギを食べたいが、温め方はどうやるの?

猛暑が続いていますが、食欲はありますか?暑いととかくさっぱりとしたメニューになり …

夏休みに英語を学ぶために小学生英語キャンプに参加させたい!

最近は、小学校から英語の授業が始まり、英語を学ぶ様々なチャンスがありますが、とり …

ゆかたを子どもに着せたいが、選びかたは?着せ方は?

いよいよ夏到来! 花火大会に盆踊りにお子さんたちにゆかたを着せてあげたい季節です …

夏休みの宿題で読書感想文は、どうして最後まで残るの?

夏休みの宿題といえば誰もが最後まで終わらなかった読書感想文の思い出! あった!あ …

ラッシュガードでキッズ用の長袖ジップアップってあるの?

夏休みに子ども連れで海水浴に行こうと計画しているあなた!紫外線除けに効果があると …

夏休みの宿題で自由研究へのお役立ち情報は、アドバイスは?

長い夏休みを迎えて小学生をお持ちのご両親。 皆さんお持ちのお悩みはみなほぼ同じ、 …

熱海海上花火大会をクルージングで楽しむにはどうすればいいの?

熱海の海岸で楽しむ海上花火大会。一年を通じて開催されている花火大会。 夏休みにお …

神宮外苑花火大会を見に行きたいが日程はいつ?有料なの?

この夏は、東京の三大花火大会の一つである神宮外苑花火大会を見に行きたいと思ってい …