疑問 質問を解決します。

あなたの疑問や質問にお答えします。

*

らっきょうの漬け方でパリパリらっきょうのやり方は何?

      2015/05/14

21cd7e32c19a91fcc72c19d207cfa71e_sらっきょうは、甘酸っぱいうちにもほろほろと辛くて独特の香りがあり、パリパリと
歯ごたえのあるのが魅力。
一度食べると病みつきになります。

苦労してらっきょうを浸けるのならこのパリパリらっきょうがオススメ。

火を使うといえば、酢に砂糖をとかすくらいなもので、別にコツといったものも
ありません。とても簡単ですから、その漬け方を伝授しましょう。

材料は、泥付きのらっきょうを4㌔、皮をむいてきれいにするとだいたい3㌔になります。
塩は、2カップ半。酢、カップ10杯。砂糖、カップ6杯。赤トウガラシ4,5本。

らっきょうの漬け方でパリパリらっきょうの漬け方は?

まずらっきょうを洗います。何回も水をかえて、たっぷりの水であらい、
すっかりドロを落としてザルにあげ、水をきります。

一つ一つていねいにヒゲ根を切り落とし、外側のうす皮をむき、あたまの先も
切って形をととのえます。ここですっかりきれいにしてしまいます。

きれいにしましたら、塩漬けにします。

らっきょうの漬け方で塩漬けは?

漬ける容器は、フタがしっかりできるものならなんでもよいです。
らっきょうを少し入れ、塩も少しいれて手でまぶしつけます。
まざったら、また同じことを繰り返し、全部まぜあわせます。

水をかぶるくらいまで入れ、フタをして、このまま3週間ほどおきます。
塩がしずむようでしたら、時々ビンをゆすってやります。泡がブクブクでて
きますが、べつにかまいません。

3週間たったら、ビンからザルにあけ上からサッと水をかけます。そして、
3,4時間陰干しをします。直に日に当てるとになたくさくなりますから
注意してください。

干した後、乾いたフキンで水気をていねいにふきとります。

らっきょうの漬け方で甘酢漬けは?

らっきょうを干している間に、漬け酢を作ります。

鍋に酢カップ10杯と水カップ4杯、砂糖カップ6杯を入れて煮溶かし、
冷ましておきます。
冷めたら、らっきょうの上から甘酢を注ぎます。らっきょうがかくれる位、
ヒタヒタになるまで入れます。
ここへ、赤トウガラシを3つ位にちぎってタネごと入れます。

フタをして、その上からゴミが入らないように紙をかぶせ、ヒモで
しっかりしばります。

なるべ暗くて涼しい場所においておきます。

3,4ヶ月おいて、秋になったらパリパリしたらっきょうが食べられます。

まとめ

どうです、意外と簡単でしょう。

食べ終わって後に残った漬け酢は、また来年、らっきょうを漬けるときに
使えます。一度煮立ててからフキンでこしてきれいにして使います。
全体量の3分の1くらいまぜます。

この甘酢は、野菜のマリネに利用するととてもおいしいサラダになります。

 - 梅雨

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

梅干し作りで梅酢にカビがはえてしまった場合はどうするの?

梅干し作りは、6月中旬から下旬にかけての梅雨の季節に漬けます。 まず、漬ける梅の …

梅雨の季節の掃除は、掃除機のかけかたにポイントがあるの?

まもなくうっとうしいジメジメした梅雨の季節がやってきます。 梅雨の最中もスッキリ …

梅干しの効果で血液循環や美肌が保てるというのは本当なの?

梅干しは1日1個食べると体にいい、と言われています。 梅干しは美肌と健康にいいの …

梅干し作りで土用干しはいつどのようにやるの?必要なの?

梅干しを漬けてから土用の頃になると日差しも強くなります。 その晴天続きの日差しを …

梅ジュースの効能を知り作ってみたいけど、作り方は?

梅に含まれているクエン酸は疲労回復に効果があり、 毒素を分解して血液浄化もしてく …

小岩菖蒲園の2015年の菖蒲まつりはいつから?見頃は?

水無月のこの時期、東京にはハナショウブの名所がいくつかありますが、ハナショウブが …

梅雨の時期は、薬膳料理で体調不良を改善!その効果は?

暑い夏を前に、鬱陶しい梅雨の季節が待ち構えていますね。 日本では、季節の変化を四 …

梅雨の季節にゴキブリ対策をしたいが、どうすればよいの?

梅雨の季節は、ゴキブリにとって絶好の繁殖時期! 暗く湿った場所や暖かく狭い場所な …

らっきょうの甘酢漬けを活用したレシピはある?どう作るの?

らっきょうの甘酢漬けでたくさんの甘酢ができたら いろいろと活用できます。 この甘 …

らっきょうの効果にダイエットがあるって本当なの?理由は?

らっきょうは、成長が早いやさいで、収穫した途端に畑に帰りたがる ので掘りあげたら …